FC2ブログ
08月≪ 2020年09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
   Admin

不器用な愛







月曜日の妄想キッスで言っていた、メイド服バージョン


小説にしてみましたので、ご理解のある方のみお進みくださいませ











ものすごいご機嫌で帰ってきたから、おかしいと思ってたの

大きな紙袋を持っててそれを私に突きつけてきた

「おかえり、祐」
「しお、ただいまー」
「…で、これはなんなの?」
「着て」

中を覗くといかにも怪しげな服が入ってた
「なにこれ」
「もらったの、しお似合うと思って」
全然嬉しくないんですけど

「このメイド服、絶対やだ」
「えーそれが一番着て欲しいんだけど」
にこにこで私の前に立ってる祐が憎らしい

こんなことしないと、私とシたくないわけ?

「なんで着なきゃいけないの?」
「嫌なの?」
「イヤ」
そういうと最上級に悲しそうな顔をされた
「しおが喜ぶと思ってたのに」
「祐の趣味なだけでしょ」
「えー」
「泣き真似してもむだ。絶対着ない」
「別に着るのに支障ないんだからさっさと着てよ。それとも着せられたいわけ?」
「…本性でたわね」
「素直にきねーからだろ」
「で?えっろーい事されながら着るのと、自分で大人しく着るのとどっちがいいわけ?」
「その二択しかないなんて卑怯よ」
「俺はどっちでもいいけど」
「…」
「さっさと着てってば」
「…」
「ってかなんでそんなに拒んでんの?いつもはなんだかんだしてくれるじゃん」
「…」

私はただ、そんなので盛り上がりたくないんだもん

「恥ずかしいとかじゃないんでしょ?言ってよ、しお」
「そりゃ恥ずかしいけど、でもそうじゃなくて」
「そんなことしないと祐は私を抱く気にならないのかと思って」
「は?」
「マンネリ化なのかと思ってやなの」


私の顔を見つめて、思いっきりため息をついた

「ばっかじゃないの」
「ちょ、バカってなによ」
「好きだからに決まってんじゃん」
「え?」
「好きだから色んなこと共有したいじゃん」
「う、ん」
「別にこれ着るからしたいってわけじゃないし」
「えー?」
「いや、着るならもちろんするけど」
「するんじゃん」
「でも一日中しおとシてたいぐらい、しおを俺で満たしてたいっていつも思ってる」
「そ、うなの?」
「だから別にこれに頼ってるわけじゃないよ」


「ただ純粋にこれ着たら、しおが可愛いんだろうなって」
「…」
「俺を喜ばしてよ、しお」
「…なんかむかつく」
「ぎゅーしよ」
祐に抱きしめられて、髪を撫でられる
「しおといると飽きないよね」
「そう?」
「アホっぽくて」
「は?」
「反応が可愛くていじめたくなる」
「はいはい」


「着たけど」
「…」
「な、なんか言ってよ」
「可愛いよ、しお」
「あ、ありがとう」
「あー早く突っ込みたい」
「ば、ばっかじゃないの死ね」
「こらこら、そんな汚い言葉遣いは言っちゃダメ」
「近づかないでよ変態」
「ご主人様に従わなきゃだめでしょー」
「うるさい、やだやだ」
ベッドに突き飛ばされたと思ったら、光の速さで体を封じ込められた
「ちょ、どいてってば」
「どうせ脱がすんだからと思ってったけど、チラリズムってまじで萌えるね」
「や、やだ」
「短いスカートがひらひらしててエロいし。しお誘惑する天才だね」
「そんなこと、ないもん」

恥ずかしくて死んじゃいたい
いつも以上に甘い祐也に、溶けてしまいそうになる

「お願いしてよ、しお」
「なッ」
「気持ちよくして下さいって言って」
「ほ、本当に変態」
「言ってくんなきゃわかんないじゃん」
「言わなくてもわかるでしょ」
「わかんない、俺バカだもん」
にこにこ顔で言われると、その顔に私が弱い事を知っててわざとなんだ
「…ッしてください」
「聞こえない」
「気持ちよく、してください」
「…可愛い、しお」
甘い甘い祐の口づけに、めまいがしそうになる


「大好きだよ、しお」
「うん」
「しおも好きって言って」
「好き」
「ん」
「祐が、好きなの」
ぼろぼろと涙が止まらなくなる
好きの気持ちが溢れて自分でどうしようもなくなる
「大丈夫、一緒だから」
「ん?」
「俺も好きすぎて死にそう」
私の胸に頭をポスッと預けてしまった
「祐?」
「だめだ、止まんない」
「へ?」
「もう限界。シていい?」
「…うん」


私の王子様は最大級にわがままだけど

私が本当に嫌なことは絶対にしない


愛してくれてるってちゃんとわかってる


そのまっすぐな想いが、ちょっぴり恥ずかしいの


…素直に受け止められない私を、許してね


これからも、いっぱいいっぱい愛してね



スポンサーサイト




カテゴリ : 【ラブラブ小説
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (4) 【コメントする
| top↑
senさんへ From:しおりん☆

senさん、こんばんは。
コメントありがとうございます☆

妄想キッス聞いたらテンションあがってしまいましたw
たまにはこんなのもいいかなって~
リクエストなども受け付けてます(^^)v


ゆりなさんへ From:しおりん☆

ゆりなさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます♪

盛り上がりながら読んでもらえて嬉しいですw
ちょっと過激にしてしまったから反応が怖かったの><
ほのぼの系の方が好きなのかしらー?

また書きますね☆

From:sen

久しぶりの小説…うーん何かエッチ(*^o^*)
でも二人共可愛い(^з^)-☆

こんな風に祐くんに愛される女の子は幸せだなぁって思いますねっ

いつも小説楽しみにしてます(^^)/~~~

From:ゆりな

しおりんさんこんばんは!

楽しみに待ってました~~!(^^)
更新されてるのみて
かなりテンション上がりましたww

フフフ。
なんだか今回のゆうやくん×しおりんさんは
大人なストーリーですね♪
読んでる間手を顔に覆って指の隙間から
キャーキャー言いながら読ませて
頂きましたww

メイド大好きゆうやくん(笑)
結局は脱がせちゃうのにですよねw

またの更新楽しみにしてます☆



<<テンション下がり気味ぃ | ホーム | 祝☆一歳>>
senさんへ
senさん、こんばんは。
コメントありがとうございます☆

妄想キッス聞いたらテンションあがってしまいましたw
たまにはこんなのもいいかなって~
リクエストなども受け付けてます(^^)v
【2011/06/09 23:44】URL | しおりん☆ #-[ 編集]
ゆりなさんへ
ゆりなさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます♪

盛り上がりながら読んでもらえて嬉しいですw
ちょっと過激にしてしまったから反応が怖かったの><
ほのぼの系の方が好きなのかしらー?

また書きますね☆
【2011/06/09 23:41】URL | しおりん☆ #-[ 編集]
久しぶりの小説…うーん何かエッチ(*^o^*)
でも二人共可愛い(^з^)-☆

こんな風に祐くんに愛される女の子は幸せだなぁって思いますねっ

いつも小説楽しみにしてます(^^)/~~~
【2011/06/09 22:34】URL | sen #-[ 編集]
しおりんさんこんばんは!

楽しみに待ってました~~!(^^)
更新されてるのみて
かなりテンション上がりましたww

フフフ。
なんだか今回のゆうやくん×しおりんさんは
大人なストーリーですね♪
読んでる間手を顔に覆って指の隙間から
キャーキャー言いながら読ませて
頂きましたww

メイド大好きゆうやくん(笑)
結局は脱がせちゃうのにですよねw

またの更新楽しみにしてます☆
【2011/06/09 00:25】URL | ゆりな #WG3/H9bE[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://105440.blog63.fc2.com/tb.php/492-383f7121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

しおりん☆

Author:しおりん☆
手越祐也くんを心から応援しています

大好きな大好きな彼が毎日笑顔で過ごせるように
たくさんの愛に包まれて過ごせるように
ここからずっとずっと応援していきます♪


テゴマス、NEWSファンの方ともっともっと輪を広げたいと思っていますのでぜひぜひ気軽にコメントを☆


ただいまツイッター鍵付けてないので気軽にフォローしてください♪
ブログ更新やどーでもいいことつぶやいてます
フォローの際は一言いただけると嬉しいです!
気付かない場合もありますので、コメントで言っていただけると早いと思います☆

小説なんかも書いちゃったりしてますので
ハードルを上げずに読んでいただけたら幸いです☆


きっともっと素敵な事が起こるはず!
私は祐也を信じるだけです。

どうかたくさんの方が笑顔でいれますように。

時計

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログパーツ
手越祐也守り隊