FC2ブログ
08月≪ 2020年09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
   Admin

いつまでも、隣で





どうやら彼を怒らせてしまったらしい

最近、気持ちが離れてしまってる気がするのは

わたしだけなのかな?



この先妄想小説となります
ご理解のある方のみ、お進みくださいませ










「ご、ごめんね」
「…」
「その、なんていうか」
「…本当にごめんなさい」
「…もういい」
そういって部屋を出て行ってしまった

はぁ、ため息をついて一人になった空間に少し落ち着かせる
私が悪いけどさ、そんなに怒らなくてもいいじゃん

サークルの同期がなぜかみんなものすごく仲が良くて
久しぶりに盛り上がりすぎて、そのー送ってもらっただけなんだけど
どうやら彼は虫の居所が悪かったらしく許してもらえない

別に何もないのに、サークルに過敏なんだよね

私だってサッカー仲間の人達に嫉妬するときだってあるけど
何も言ったことないのにそんな一方的に怒ることないじゃん

なんだか腑に落ちない点に私もイライラしてきてしまった

「ってかさ俺の前で楽しそうにそんな話するなんて無神経じゃん」
「別に楽しそうになんて話してない」
「してたね。飲み過ぎてやらしー顔で」
「なんなの、本当に。そんなに怒らなくてもいいじゃん」
「逆切れ?しおが悪いんじゃん」
そんなの、わかってるけどどうしてそこまで言われなきゃいけないのよ

「…楽しそうで何が悪いのよ」
「やっぱ楽しいんじゃん」
「その場を楽しく過ごしていかなきゃだめでしょ?祐もよく言ってるよね?」
「…まぁ」
「それとも怒って帰ってきて欲しいの?泣いて帰ってきて欲しいの?」
「別に、」
「私が楽しくしてたらだめなの?私はいつだって祐の幸せを願ってるし
楽しく過ごして欲しいと思ってるよ」
「だから、」
「でもそれって私だけなんだね」
「…」
「そういう風に思ってくれてないんだね」
クッションを手にとって顔を埋めてしまった
祐の顔なんて、見たくない


祐はどれだけ私が想ってるのか、全然わかってない
私の心に祐以外の人が入る隙間なんて、これっぽっちもないの

ほんとに、何もわかってない
なんにもわかってない





「ごめん、言いすぎた」

私の頭に手を置いて、隣に座ってきた

「…うん」
「俺がしおの幸せをどれだけ願ってるか、それだけはわかって」
「…わかってるよ」
「ごめん、ただ嫉妬しただけだから」
「そうなの?」
「いつも飲み会の帰りは迎えに行くって言ってんのに言わないし」
「だって悪いし」
「そういうのがダメなの。俺は彼氏なんだから、使っちゃっていいの」
「そう、なの?」
「俺だってしおに迎えにきてもらいたいし、もっともっと会いたいよ」
「私も、祐に会いたくて堪らなかった」


悲しいわけでもないのに、涙がこみ上げてくる
祐といると何故か、心が苦しい


「しおがいないとつまんないの、俺」
「え?」
「しおが待っててくんないと、帰ってくる意味ないんだもん」
ボロボロ零れる涙を見て、祐は笑ってくれる
「ほんとにいつまでも泣き虫だよね」
「泣かせてるの、祐だよ」
「知ってる。俺以外に泣かせたらぶん殴るから」
そういって笑って、ぎゅっと抱きしめてくれた


まだまだお互い発展途上中
分かりあえない気持ちもたくさんあるけれど
いつだって祐と歩いていく覚悟は出来てるの

同じものをみて、同じ気持ちになることの素晴らしさ
全部祐から教えてもらったものだから

これからも、ずっとずっと大切にしていきたい

もっと二人の思い出が増えていけばいい

あんなことで喧嘩したね、って笑い合える日が来ればいい

だから喧嘩も、悪くないよね

直接聞くのはちょっぴり恥ずかしいけど、今度聞いてみよっかな

ねぇ、祐

これから先も、愛してくれる?






「この抱き心地最高」
「はいはい」
「まじで、誰にも渡せねーし」
「ふふ、ありがとう」
「しおも覚悟しといてね?」
「え?」
「今日、俺寝かせるつもりないから」
「へ…」
「他の事なんか考えらんないぐらい、俺でいっぱいにしてやるよ」

end
スポンサーサイト




カテゴリ : 【ラブラブ小説
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (4) 【コメントする
| top↑
ゆりなさんへ From:しおりん☆


ゆりなさんこんばんは
コメントありがとうございます~

大好きなんて言って下さって嬉しい♪
こんな小説読んで下さって本当にありがたいです。

そうなの
なんだか自分の中で整理出来ない気持ちが出てきてるきがするの。
それが小説にも出てるかもしれないなぁ

早く嬉しい知らせがくることを祈るばかりだね><


ikuさんへ From:しおりん☆


ikuさんこんばんは。
コメントありがとうございます♪

お待たせしました~
お仕事大変な中いつも覗いてくださって嬉しいです!
ありがとうございます^^
花火大会行けることになってよかったです~
ikuさんにいつかお会いしてみたいです☆

From:ゆりな

こんばんは!
待ってました~♪
openの文字にドキドキ(//u//)

読んでるとやっぱりリアルに想像できてしまう
しおりんさんの小説が大好きです☆

実際に彼、してそう、やってそう、思ってそうw

嫉妬してそのあと甘い時間を過ごしたり・・・
ラブラブですねぇ~♪

でも少しだけ切ない感じにも思いました。

うまく言えませんが祐くんんが
少し遠い存在に思える
今日この頃・・・
早く会って愛し合いたいですね(^^)


From:iku

こんにちは!しおりんちゃん!(^^)!
ずっと待っていましたよ~。
久々の小説すごく良かったぁ~♪
やきもち妬きのゆうくんも可愛いよっ。

私も今、仕事が忙しいんですが、おかげさまで癒されました。ありがとう!
花火大会、私も行ける事になりました。今はそれだけが心の支えです。
あと2週間あまりがんばりましょ!

また小説楽しみにしています~v-238


<<辛い時こそ | ホーム | 恋って切ない>>
ゆりなさんへ

ゆりなさんこんばんは
コメントありがとうございます~

大好きなんて言って下さって嬉しい♪
こんな小説読んで下さって本当にありがたいです。

そうなの
なんだか自分の中で整理出来ない気持ちが出てきてるきがするの。
それが小説にも出てるかもしれないなぁ

早く嬉しい知らせがくることを祈るばかりだね><
【2011/07/23 01:07】URL | しおりん☆ #-[ 編集]
ikuさんへ

ikuさんこんばんは。
コメントありがとうございます♪

お待たせしました~
お仕事大変な中いつも覗いてくださって嬉しいです!
ありがとうございます^^
花火大会行けることになってよかったです~
ikuさんにいつかお会いしてみたいです☆
【2011/07/23 01:05】URL | しおりん☆ #-[ 編集]
こんばんは!
待ってました~♪
openの文字にドキドキ(//u//)

読んでるとやっぱりリアルに想像できてしまう
しおりんさんの小説が大好きです☆

実際に彼、してそう、やってそう、思ってそうw

嫉妬してそのあと甘い時間を過ごしたり・・・
ラブラブですねぇ~♪

でも少しだけ切ない感じにも思いました。

うまく言えませんが祐くんんが
少し遠い存在に思える
今日この頃・・・
早く会って愛し合いたいですね(^^)
【2011/07/21 00:17】URL | ゆりな #WG3/H9bE[ 編集]
こんにちは!しおりんちゃん!(^^)!
ずっと待っていましたよ~。
久々の小説すごく良かったぁ~♪
やきもち妬きのゆうくんも可愛いよっ。

私も今、仕事が忙しいんですが、おかげさまで癒されました。ありがとう!
花火大会、私も行ける事になりました。今はそれだけが心の支えです。
あと2週間あまりがんばりましょ!

また小説楽しみにしています~v-238
【2011/07/20 23:48】URL | iku #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://105440.blog63.fc2.com/tb.php/504-82b66cea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

しおりん☆

Author:しおりん☆
手越祐也くんを心から応援しています

大好きな大好きな彼が毎日笑顔で過ごせるように
たくさんの愛に包まれて過ごせるように
ここからずっとずっと応援していきます♪


テゴマス、NEWSファンの方ともっともっと輪を広げたいと思っていますのでぜひぜひ気軽にコメントを☆


ただいまツイッター鍵付けてないので気軽にフォローしてください♪
ブログ更新やどーでもいいことつぶやいてます
フォローの際は一言いただけると嬉しいです!
気付かない場合もありますので、コメントで言っていただけると早いと思います☆

小説なんかも書いちゃったりしてますので
ハードルを上げずに読んでいただけたら幸いです☆


きっともっと素敵な事が起こるはず!
私は祐也を信じるだけです。

どうかたくさんの方が笑顔でいれますように。

時計

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログパーツ
手越祐也守り隊