FC2ブログ
08月≪ 2020年09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
   Admin

願い




なんでもいい

どんなことでも我儘きいてあげたくなっちゃう


これって、いけないこと?




この先らぶらぶ小説となります
ご理解ある方のみお進みください












最近、海外でのお仕事が多くってしばらく会えないことが多い

だからか帰ってきた時の甘えようが半端じゃない

でも毎日電話してるのに、やっぱり会いたくなっちゃうの

それは、祐も一緒?


「しおー」
「はいはい、今度はなに?」
仕事から帰ってきた祐の洗濯物を干してたら、後ろから抱きしめられた
「奥さんみたい」
「もーさっきからなんなの?」
私のそばを離れない祐は3歳児みたいで面白い
「だって一緒にいれくれないから」
「祐がやらないからでしょー もー邪魔だから座ってて」
「やだ」
「なんでー?」
「しおと話してたいもん」
「ふふ、じゃあ旅行の思い出話聞かせて?」
なんだか子育てをしてる気分になる、せめて奥さんでいたい


「しおー眠いー」
まだ時差になれないのか夜眠れなかったらしく、まだ3時なのに眠そう
「気にしないで寝て?気が散るなら帰ろうか?」
そういうとあからさまにムスーっと怒ってしまった
「しおが帰るなら寝ない」
「なんでよー」
「一緒に寝て」
「私眠くないもん」
「眠くなくても一緒にベッドに入ってくれればいいじゃん」
「えーもしやそれ目的?」
「ギク」
あからさまに声に出してアピールしないの
「もー」
「だって俺夜サッカーだから一緒にいれないんだもん」
「ふふ、だからって」
「もーなんで笑うの」
祐も一緒に笑ってくれるから、なんだかもっと嬉しくて

「笑いすぎ」
そういって抱きしめてくれる温かさに包まれると、やっぱりそばにいて欲しいと思った


「しおーあったかい」
「祐の方が温かいよ、本当に体温高いよね」
「そー?しお冷え性だもんね」
「うん、寒くって眠れない時あるもん」
「だから俺がそばにいるんじゃん」
「うん、祐がいっつもあっためてくれるもんね」
「急に冷たい足絡ませてくるからビビるけど」
「ふふ、どんな反応するかと思って」
「ムラムラする」
「なんでよ」
「だってオッケーサインかと思って」
「変態」
祐のほっぺをむにっとつまむとそのまま二人で笑った
「お昼寝したら、ご飯食べよう」
「そうだね、肉じゃが作ってあるよ」
「まじで?ちょー楽しみ」
「ふふ、言うと思った」


一方通行の思いなんかじゃない

ちゃんと一緒だよね


「ねーねーしお?」
うとうとしてる時に声をかけられた
「ん、なに?」
「あいしてる、よ?」

眠りに着く合図みたいに、大好きな心地よい体温に包まれて目を閉じる

祐がきっと嬉しそうに微笑んでいることを想像して


きっと私は世界一幸せ


起きたら私も言わなきゃ


祐、私もあいしてるよ、ってね
スポンサーサイト




カテゴリ : 【ラブラブ小説
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

<<MF2400回記念コンサート | ホーム | 三周年>>















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://105440.blog63.fc2.com/tb.php/544-dd3bb021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

しおりん☆

Author:しおりん☆
手越祐也くんを心から応援しています

大好きな大好きな彼が毎日笑顔で過ごせるように
たくさんの愛に包まれて過ごせるように
ここからずっとずっと応援していきます♪


テゴマス、NEWSファンの方ともっともっと輪を広げたいと思っていますのでぜひぜひ気軽にコメントを☆


ただいまツイッター鍵付けてないので気軽にフォローしてください♪
ブログ更新やどーでもいいことつぶやいてます
フォローの際は一言いただけると嬉しいです!
気付かない場合もありますので、コメントで言っていただけると早いと思います☆

小説なんかも書いちゃったりしてますので
ハードルを上げずに読んでいただけたら幸いです☆


きっともっと素敵な事が起こるはず!
私は祐也を信じるだけです。

どうかたくさんの方が笑顔でいれますように。

時計

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログパーツ
手越祐也守り隊